メニュー

ゼンパはん

学びのポイント

このお話は徳島県小松島市に伝わる海ノ民話です。
紀伊水道は西日本最大の阪神港や国際貿易を行う神戸港など重要な港へ向かう船の通り道となっています。
渦潮ができるほど狭い海峡をたくさんの船が行きかうので、今も昔も遭難の多い場所です。
沈没してしまった数知れない難破船が海坊主となって表れたのでしょうか。
一方で、沈んだ船は漁礁となり海の生き物が住みやすい環境となって豊かな海の幸をもたらします。

来場者がアニメーションを通して感じたこと

民話の活用事例

堀止地蔵

堀止地蔵

くじらの夫婦

くじらの夫婦

湯野浜の大亀

湯野浜の大亀

「海ノ民話のまち」
認定エリア