メニュー

海ノ民話アニメーション

はちまんぐうのみこし

八幡宮の神輿

こうちけん高知県
すさきし須崎市

信仰を集めていたみこしが大津波で遠くに流され、船で無事に戻る

名場面集

学びのポイント

このお話は、高知県須崎市に伝わる海の民話です。
自然豊かな須崎市は、農業も漁業も盛んな土地です。
特に須崎港は、古くから貿易の拠点として重要な役割を果たしており、カツオや伊勢エビなどの海産物でも知られています。
お話の中にもあった八幡神社の木札には、神輿が須崎に返還された時の送り状や、その後の村のことなどが記されています。
普段は豊かな恵みをもたらす海ですが、津波の恐ろしさを知ることで、自然との向き合い方を今一度見つめ直すきっかけになることでしょう。

来場者がアニメーションを通して感じたこと

民話の活用事例

八幡宮の神輿

八幡宮の神輿

このしろばあさん

このしろばあさん

鮫川のサメ伝説『化身した黄金の鮫』

鮫川のサメ伝説『化身した黄金の鮫』

「海ノ民話アニメーション(動画・画像)」の
教育・まちづくり等への
ご利用について
(利用規程・利用申請フォーム)

「海ノ民話のまち」
認定エリア

【 千葉県 】

【 神奈川県 】

【 新潟県 】

【 富山県 】

【 福井県 】

【 山梨県 】

【 長野県 】

【 静岡県 】

【 愛知県 】

【 鳥取県 】

【 島根県 】

【 岡山県 】

【 山口県 】